子どもの教育費はいくらかかる?教育費用と準備方法について解説!

  • URLをコピーしました!

子供の教育費、いくらかかるのか気になりますよね。

教育費は、子供の将来はもちろん、家計にも大きな影響を与える重要な出費です。

教育費の準備を計画的に進めることで、その負担を軽減することができます。

この記事では、教育費についていくらくらいかかるのか、準備のための具体的なステップや節約方法、学資保険や投資信託・資産形成の活用法についても解説します。

この記事を書いた人

伊藤 貴徳
伊藤FPオフィス代表

経歴

業界14年目のファイナンシャルプランナー。
これまで証券・不動産・保険業界を経験。
【保有資格】
1級ファイナンシャル・プランニング技能士/CFP®️CERTIFIED FINANTIAL PLANNER
宅地建物取引士/証券外務員1種/生命保険・損害保険販売資格(TLC)

目次

教育費の計画について考えよう

教育費とは、子供の学校教育にかかる費用のことです。

これには、学費、教材費、制服代、交通費、そして場合によっては習い事や塾の費用も含まれます。

これらの費用は、子供が幼稚園から大学までの間、継続的に発生します。

なぜ教育費の計算が重要なの?

  1. 計画的な貯蓄が可能になる

教育費は、家計に大きな影響を与える重要な出費の一つです。

例えば、突然の大きな出費に対応できるようにするためには、事前に計画を立てて貯蓄を始めることが大切です。

具体的な教育費の見積もりができれば、毎月どれくらいの金額を貯蓄する必要があるかが明確になります。

  1. 無駄な支出を避けることができる

教育費を計画的に見積もることで、必要な費用と無駄な費用を区別しやすくなります。

例えば、子供の進学先を選ぶ際には、学校の学費だけでなく、通学にかかる交通費や生活費なども考慮する必要があります。

これにより、家庭の財政状況に合った最適な選択ができるようになります。

  1. 安心して子供の将来をサポートできる

子供の学びに集中できる環境を整えるためにも重要です。

教育費の計画がしっかりしていれば、突然の出費に慌てることなく、安心して子供の教育をサポートすることができます。

具体的な教育費の計算方法

  1. 幼稚園から高校までの費用

幼稚園から高校までの教育費は、通う学校が公立か私立かによって大きく異なります。

公立の場合は、比較的費用が低く抑えられますが、私立の場合は高額になることが多いです。

  1. 大学の費用

大学の費用も、国公立と私立で大きく異なります。

国公立大学の場合、学費は年間約50万円から60万円程度ですが、私立大学では年間100万円以上かかることが一般的です。

さらに、医学部や芸術系の学部などはさらに高額になります。

  1. その他の費用

教育費には、学費以外にも教材費、交通費、食費、そして場合によっては留学費用なども含まれます。

これらの費用を含めて総額を見積もることが重要です。

教育費の計算を計画的に貯蓄を進めることで、将来の大きな出費に備えることができます。

子供の将来を安心してサポートするための基盤を築くことができるでしょう。

具体的な費用を見積もり、無駄な支出を避けることで、効率的に家計を管理しましょう。

具体的に費用はいくらかかる?

学費について

学費とは、学校に通うために支払うお金のことで、学校の種類(公立、私立)や学年によって異なります。

  • 幼稚園: 公立幼稚園の学費は比較的安く、月額1万円前後ですが、私立幼稚園では月額2万円から5万円程度が一般的です。

  • 小中学校: 公立の小中学校では、基本的に学費は無料ですが、給食費や教材費などの費用がかかります。私立の小中学校では、年間50万円から100万円以上かかることがあります。

  • 高校: 公立高校の学費は年間10万円から20万円程度ですが、私立高校では年間70万円から150万円程度かかることが多いです。

  • 大学: 国公立大学の学費は年間50万円から60万円程度ですが、私立大学では年間100万円以上かかることが一般的です。医学部や芸術系の学部ではさらに高額になることがあります。

教材費について

教材費は、学校で使用する教科書やノート、文房具などの費用です。

学年が上がるにつれて、必要な教材や参考書が増えるため、費用も増加します。

  • 小学校: 年間1万円から2万円程度

  • 中学校: 年間2万円から3万円程度

  • 高校: 年間3万円から5万円程度

  • 大学: 専門書や実験器具などが必要な場合、さらに高額になることがあります。

制服代について

制服代は、学校で指定されている制服や体育着の購入費用です。

学校によっては、制服が義務付けられている場合もあります。

  • 小中学校: 公立の小中学校では制服がないこともありますが、制服がある場合は、初期費用として3万円から5万円程度かかります。

  • 高校: 公立高校でも制服がある場合は初期費用として5万円から10万円程度が一般的です。

    私立高校ではさらに高額になることがあります。

交通費について

交通費は、学校に通うための電車やバスの費用です。学校が家から遠い場合、この費用も無視できません。

  • 小中学校: 通学区域内の公立学校であれば交通費はあまりかかりませんが、私立や遠方の学校に通う場合は、月額5000円から1万円程度が必要です。

  • 高校・大学: 公共交通機関を利用する場合、月額1万円から2万円程度かかることが一般的です。通学定期券を利用することで割引が受けられることもあります。

習い事の費用について

習い事は、学校の授業以外で子供が学ぶ活動のことです。

習い事には、スポーツや音楽、アート、外国語などさまざまな種類があります。習い事は、子供の才能や興味を伸ばすために非常に重要です。

  • スポーツ(例:サッカー、バレエ)
    • 月額費用:5000円〜1万円程度
    • 初期費用:道具やユニフォームの購入費(数千円〜数万円)

  • 音楽(例:ピアノ、バイオリン)
    • 月額費用:7000円〜1万5000円程度
    • 初期費用:楽器の購入費(数万円〜数十万円)

  • アート(例:絵画、書道)
    • 月額費用:5000円〜1万円程度
    • 初期費用:道具や材料の購入費(数千円〜数万円)

  • 外国語(例:英会話スクール)
    • 月額費用:1万円〜2万円程度
    • 初期費用:テキスト代や入会金(数千円〜1万円)

塾の費用について

塾は、学校の授業以外に学習をサポートするための施設です。

特に中学受験や高校受験、大学受験を目指す子供たちにとって、塾は重要な学習環境です。

塾の費用は、通う頻度や受講する科目によって大きく異なります。

  • 小学生向け塾
    • 月額費用:1万円〜3万円程度
    • 中学受験コースなど特別なコースはさらに高額になることがあります。

  • 中学生向け塾
    • 月額費用:2万円〜5万円程度
    • 高校受験対策のコースはさらに高額になることがあります。

  • 高校生向け塾
    • 月額費用:3万円〜7万円程度
    • 大学受験対策のための特別コースや模試代が加算されることがあります。

費用を抑えるための工夫

習い事や塾の費用は、家庭の予算に大きな影響を与えることがあります。

しかし、いくつかの工夫をすることで、費用を抑えることができます。

  1. 無料体験やお試し期間を利用する
    • 習い事や塾によっては、初めての方に無料体験やお試し期間を提供している場合があります。これを利用して、子供が続けられそうか確認しましょう。

  2. 兄弟割引や紹介制度を活用する
    • 同じ習い事や塾に兄弟で通う場合、割引が適用されることがあります。また、友達を紹介することで割引が受けられる制度もあります。

  3. 地域の公共施設や市民講座を利用する
    • 地域の公共施設や市民講座では、低価格でさまざまな習い事を提供していることがあります。これらを活用することで、費用を抑えつつ多様な体験ができます。

習い事や塾の費用は、子供の成長や学びにとって重要な支出です。

しかし、費用がかさむことも多いため、計画的に予算を立て、無理のない範囲で選択することが大切です。

子供の興味や才能を伸ばしながら、家計を健全に保つために、工夫をしながら適切な習い事や塾を選びましょう。

幼稚園から大学までの教育費の目安

教育費は、子供の成長とともにかかる費用です。

具体的な費用を見積もることで、将来の計画を立てやすくなります。

ここでは、幼稚園から大学までの教育費の目安についてお話しします。

幼稚園

公立幼稚園

  • 学費:年間10万円程度
  • その他の費用:給食費や教材費など、年間5万円程度
  • 合計:年間15万円程度

私立幼稚園

  • 学費:年間30万円〜50万円程度
  • その他の費用:給食費や教材費、バス代など、年間10万円〜20万円程度
  • 合計:年間40万円〜70万円程度

小学校

公立小学校

  • 学費:無料(授業料)
  • その他の費用:給食費や教材費、学校行事費など、年間5万円〜10万円程度
  • 合計:年間5万円〜10万円程度

私立小学校

  • 学費:年間60万円〜150万円程度
  • その他の費用:給食費や教材費、制服代など、年間20万円〜40万円程度
  • 合計:年間80万円〜190万円程度

中学校

公立中学校

  • 学費:無料(授業料)
  • その他の費用:給食費や教材費、クラブ活動費など、年間10万円〜15万円程度
  • 合計:年間10万円〜15万円程度

私立中学校

  • 学費:年間80万円〜150万円程度
  • その他の費用:給食費や教材費、制服代など、年間30万円〜50万円程度
  • 合計:年間110万円〜200万円程度

高校

公立高校

  • 学費:年間10万円〜20万円程度
  • その他の費用:教材費やクラブ活動費、交通費など、年間20万円〜30万円程度
  • 合計:年間30万円〜50万円程度

私立高校

  • 学費:年間70万円〜150万円程度
  • その他の費用:教材費やクラブ活動費、交通費など、年間30万円〜50万円程度
  • 合計:年間100万円〜200万円程度

大学

国公立大学

  • 学費:年間50万円〜60万円程度
  • その他の費用:教材費や生活費、交通費など、年間30万円〜50万円程度
  • 合計:年間80万円〜110万円程度

私立大学

  • 学費:年間100万円〜200万円程度
  • その他の費用:教材費や生活費、交通費など、年間50万円〜80万円程度
  • 合計:年間150万円〜280万円程度

以上のように、幼稚園から大学までの教育費は、公立と私立で大きく異なります。

公立の場合、全体で300万円〜500万円程度の費用がかかりますが、私立の場合は1000万円〜2000万円以上かかることもあります。

教育費の総額を見積もることは、将来の計画を立てるうえで非常に重要です。

早めに準備を始め、計画的に貯蓄を進めることで、子供の教育にかかる費用を無理なく賄うことができます。

公立と私立の選び方

  • 公立のメリット:費用が安く、家庭の経済的負担が少ないことが特徴です。また、地域社会とのつながりが強い点もメリットです。
  • 私立のメリット:教育の質が高く、設備が整っていることが多いです。さらに、特色あるカリキュラムやクラブ活動が充実している点も魅力です。

実際に教育費を計算してみよう

教育費を具体的に計算することで、将来の計画を立てやすくなります。

ここでは、教育費初心者の方でも簡単に計算できる方法を紹介します。

ステップ1:必要な情報を集める

まず、教育費を計算するために必要な情報を集めます。以下の項目について調べましょう。

  • 学校の種類(公立、私立)
  • 学費
  • 教材費
  • 制服代
  • 交通費
  • 習い事や塾の費用

ステップ2:各教育段階の費用を調べる

次に、幼稚園から大学までの各教育段階の費用を調べます。以下に目安を示します。

幼稚園

  • 公立:年間15万円程度
  • 私立:年間40万円〜70万円程度

小学校

  • 公立:年間5万円〜10万円程度
  • 私立:年間80万円〜190万円程度

中学校

  • 公立:年間10万円〜15万円程度
  • 私立:年間110万円〜200万円程度

高校

  • 公立:年間30万円〜50万円程度
  • 私立:年間100万円〜200万円程度

大学

  • 国公立:年間80万円〜110万円程度
  • 私立:年間150万円〜280万円程度

ステップ3:各費用を合計する

各教育段階の費用を合計して、全体の教育費を計算します。

例として、公立の学校に通った場合と私立の学校に通った場合の総額を計算してみましょう。

公立の場合

  • 幼稚園:15万円 × 3年 = 45万円
  • 小学校:7.5万円 × 6年 = 45万円
  • 中学校:12.5万円 × 3年 = 37.5万円
  • 高校:40万円 × 3年 = 120万円
  • 大学:95万円 × 4年 = 380万円
  • 合計:45万円 + 45万円 + 37.5万円 + 120万円 + 380万円 = 約627.5万円

私立の場合

  • 幼稚園:55万円 × 3年 = 165万円
  • 小学校:135万円 × 6年 = 810万円
  • 中学校:155万円 × 3年 = 465万円
  • 高校:150万円 × 3年 = 450万円
  • 大学:215万円 × 4年 = 860万円
  • 合計:165万円 + 810万円 + 465万円 + 450万円 + 860万円 = 約2750万円

ステップ4:毎月の貯蓄額を計算する

総額を把握したら、毎月どれくらい貯蓄する必要があるかを計算します。

例えば、公立の学校に通う場合の教育費総額が約627.5万円とします。

子供が生まれてから大学卒業までの18年間で貯めるとすると、

  • 627.5万円 ÷ 18年 ÷ 12ヶ月 = 約2.9万円/月

私立の場合の総額が約2750万円とすると、

  • 2750万円 ÷ 18年 ÷ 12ヶ月 = 約12.7万円/月

教育費を計算することで、具体的な貯蓄目標を立てることができます。

公立と私立で大きな差があるため、家族の経済状況に応じた計画が必要です。

早めに計画を立て、無理のない範囲で貯蓄を進めましょう。将来の安心のために、具体的な数字を把握して計画的に準備することが大切です。

どんな準備をしたら良い?

教育費の具体的な準備方法

  1. 早期の貯蓄開始
    • 教育費は長期間にわたってかかるため、早めに貯蓄を始めることが重要です。

      例えば、子供が小さいうちから毎月少しずつでも貯金をすることで、大きな教育費が必要になる時に備えることができます。

  2. 家計の見直し
    • 家計簿をつけて、収入と支出を明確にすることで、どのくらいの余裕があるかを把握します。

      無駄な支出を減らし、教育費に回せる金額を増やす工夫をしましょう。

  3. 学資保険や貯蓄型の保険の活用
    • 学資保険は、子供の教育費を確保するための代表的な方法です。

      一定期間、保険料を支払うことで、満期時にまとまった金額を受け取ることができます。これにより、突然の出費に対応する安心感が得られます。

  4. 奨学金や教育ローンの利用
    • 奨学金は、返済の必要がないものや、低金利で借りられるものがあります。

      教育ローンも、一時的に資金が必要な場合に利用できます。ただし、借りすぎには注意が必要です。

奨学金や助成金の活用方法

教育費を節約するためには、奨学金や助成金の活用が非常に有効です。

これらを上手に利用することで、家庭の経済的負担を大きく軽減することができます。

ここでは、奨学金や助成金の活用方法について説明します。

奨学金について

奨学金は、返済義務があるものとないものの2種類があります。

どちらも教育費の負担軽減に役立ちますが、それぞれの特徴を理解して適切に利用しましょう。

  1. 返済不要の奨学金
    • 特徴:成績優秀者や特定の条件を満たす学生に対して給付される奨学金です。
      返済の必要がないため、家庭の負担を大幅に軽減できます。
    • :日本学生支援機構(JASSO)の給付型奨学金、地方自治体や企業の奨学金制度など。
    • 申請方法:学校の奨学金担当窓口や各奨学金の公式ウェブサイトから申請できます。
      成績証明書や家計状況の証明書が必要です。

  2. 返済必要な奨学金(貸与型奨学金)
    • 特徴:卒業後に返済が必要ですが、無利子または低利子で借りることができます。
      学費や生活費に充てることができます。
    • :日本学生支援機構(JASSO)の第一種(無利子)奨学金、第二種(有利子)奨学金。
    • 申請方法:在学中の学校を通じて申請することが一般的です。
      必要な書類を提出し、審査を受けます。

助成金について

助成金は、特定の条件を満たす家庭に対して給付される資金です。

返済の必要がないため、積極的に活用しましょう。

  1. 就学援助
    • 対象:低所得世帯や生活保護世帯の子供が対象です。給食費や教材費、修学旅行費などが援助されます。
    • 申請方法:自治体の教育委員会を通じて申請します。家庭の収入状況を証明する書類が必要です。

  2. 児童手当
    • 対象:中学生までの子供を持つ家庭に対して支給されます。子供一人当たり月額1万円から1万5千円が支給されます。(年齢によって変動あり)
    • 申請方法:子供が生まれたときや転入したときに、市区町村役場で申請します。

  3. 高校生等奨学給付金
    • 対象:高等学校や専修学校に通う低所得世帯の生徒が対象です。授業料以外の教育費を援助します。
    • 申請方法:学校を通じて申請します。必要な書類を提出し、審査を受けます。

奨学金や助成金を活用する際は、早めに情報を集め、必要な書類を準備しておくことでスムーズに手続きを進めることができます。

家族の経済状況に応じた支援を受けながら、子供の教育をしっかりと支えていきましょう。

学資保険を活用する

教育費を効率的に貯めるための方法の一つに、学資保険があります。

ここでは、学資保険の基本について説明します。

学資保険とは?

学資保険は、子供の教育費を貯めるための保険です。

一定期間、毎月保険料を支払うことで、満期時にまとまった金額を受け取ることができます。

この保険金は、子供の入学金や学費など、教育にかかる費用に充てることができます。

学資保険の仕組み

学資保険は、次のような仕組みで運用されます。

  1. 契約者:親(主に父母)が契約者となり、保険料を支払います。
  2. 被保険者:子供が被保険者となります。
  3. 保険料の支払い:毎月一定額の保険料を、契約期間中に支払います。
  4. 満期金の受け取り:子供が一定の年齢(通常は高校入学や大学入学の時期)に達すると、満期金を受け取ることができます。

学資保険のメリット

学資保険には、以下のようなメリットがあります。

  1. 計画的な貯蓄:毎月決まった額を積み立てることで、計画的に教育費を貯めることができます。
  2. 保障機能:保険には、契約者が亡くなった場合や高度障害になった場合に、保険料の支払いが免除される保障機能があります。この場合でも、満期金は予定通り受け取ることができます。
  3. 税制優遇:学資保険の保険料は、生命保険料控除の対象となるため、所得税や住民税の軽減効果があります。

学資保険の選び方

学資保険を選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

  1. 保険料の負担:無理なく支払える保険料を設定しましょう。家庭の収入や支出を考慮して、適切な額を決めることが大切です。
  2. 保障内容:保障機能や保険料の免除条件を確認しましょう。特に、親の万が一に備えた保障が充実しているかをチェックすることが重要です。
  3. 返戻率(へんれいりつ):保険料に対する満期金の割合(返戻率)を比較しましょう。返戻率が高いほど、貯蓄効果が高いと言えます。

学資保険の注意点

学資保険には、注意すべき点もあります。

  1. 解約時のリスク:途中で解約すると、支払った保険料が戻らない場合があります。解約返戻金が少ないことがあるため、契約期間をしっかり守ることが大切です。
  2. インフレリスク:将来的に物価が上昇する(インフレーション)と、受け取る満期金の価値が目減りする可能性があります。

学資保険は、子供の教育費を計画的に貯めるための手段です。

保険料を毎月積み立てることで、将来の大きな出費に備えることができます。

ただし、契約内容や返戻率をよく確認し、自分の家庭に合ったプランを選ぶことが重要です。

早めに学資保険を始めとした貯蓄の仕組みを検討し、将来の教育費をしっかり準備しましょう。

投資信託や新NISAの活用法

教育費を効率的に貯めるためには、投資信託や新NISA(少額投資非課税制度)を活用する方法があります。

これらの方法をうまく利用することで、長期的に資産を増やし、将来の教育費に備えることができます。

ここでは、投資信託や新NISAの基本と活用法について説明します。

投資信託とは?

投資信託は、多くの投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、その資金をプロの運用会社が株式や債券、不動産などに投資する仕組みです。

投資信託には、次のような特徴があります。

  1. プロによる運用:専門の運用会社が資金を運用するため、自分で個別の株式や債券を選ぶ必要がありません。
  2. 分散投資:多くの資産に分散投資することで、リスクを抑えることができます。
  3. 少額から投資可能:少額から投資を始めることができ、初心者にも適しています。

新NISAとは?

新NISA(少額投資非課税制度)は、投資から得られる利益が一定額まで非課税になる制度です。

新NISAには、つみたて投資枠と成長投資枠の2種類があります。

つみたて投資枠

  • 年間投資枠:120万円
  • 長期の資産形成に適した投資信託が対象

成長投資枠

  • 年間投資枠:240万円
  • 個別株やETFなど、幅広い投資商品が対象

投資信託・新NISAのメリット

  1. 長期投資のメリット
    • 投資信託やNISAを活用する際には、長期的な視点で投資を行うことが重要です。長期間にわたって資産を運用することで、複利の効果を得られ、資産を効率的に増やすことができます。
  2. リスクの分散
    • 投資信託は多くの資産に分散投資するため、リスクを抑えることができます。また、NISAを利用することで、非課税の恩恵を受けながらリスクを分散することができます。
  3. 定期的な積立
    • つみたてNISAを利用することで、毎月一定額を積み立てることができます。定期的に積み立てることで、投資タイミングのリスクを減らし、平均取得価格を平準化することができます。
  4. 教育費の計画的な準備
    • 子供が生まれたら、早めに投資信託やNISAを利用して教育費の準備を始めましょう。早くから積み立てを始めることで、将来の大きな教育費に備えることができます。

投資の注意点

投資信託やNISAを活用する際には、以下の点に注意しましょう。

  1. リスクの理解
    • 投資にはリスクが伴います。元本保証はなく、投資した金額が減ることもあります。リスクを十分に理解し、余裕資金で投資を行いましょう。
  2. 商品の選択
    • 投資信託やNISAの対象商品は多岐にわたります。自分の投資目的やリスク許容度に合った商品を選ぶことが重要です。
  3. 情報の収集
    • 投資を始める前に、十分な情報を収集しましょう。運用成績や手数料、商品特性などを比較検討することで、適切な商品を選ぶことができます。

投資信託やNISAを活用することで、効率的に教育費を貯めることができます。

そのためには長期的な視点で投資を行い、リスクを分散しながら計画的に資産を増やすことが重要です。

教育費の準備を早めに始め、将来の安心を手に入れましょう。

教育費に関するQ&A

Q1: 教育費はいつから準備すればいいのですか?

A1: 教育費はできるだけ早く準備を始めるのが理想です。

子供が生まれたときから少しずつでも貯蓄を始めることで、将来的な負担を軽減することができます。

例えば、毎月1万円を積み立てるだけでも、18年間で約216万円貯めることができます。

早めに始めることで、急な出費にも対応しやすくなります。

Q2: 公立と私立でどれくらい費用が違うのですか?

A2: 公立と私立では、教育費に大きな差があります。

例えば、小学校から高校までの12年間で比較すると、以下のような違いがあります。

  • 公立:年間約10万円〜30万円(学費や教材費、交通費など)
  • 私立:年間約100万円〜200万円(学費や教材費、制服代、交通費など)

大学に進学すると、さらに差が大きくなります。

国公立大学の年間学費は約50万円〜60万円ですが、私立大学では年間100万円以上かかることが一般的です。

Q3: 教育費のためにどのように貯蓄すればいいですか?

A3: 教育費を貯める方法はいくつかあります。

  • 学資保険:毎月一定額を積み立てることで、満期時にまとまった金額を受け取ることができます。
  • つみたてNISA:少額から投資を始めることができ、投資から得られる利益が非課税になる制度です。長期的に資産を増やすのに適しています。
  • 定期預金:毎月一定額を預金することで、安定した利息を得ることができます。

Q4: 学資保険とつみたてNISAのどちらがいいですか?

A4: 学資保険とつみたてNISAは、それぞれにメリットがあります。

  • 学資保険:保障機能があり、契約者に万が一のことがあった場合でも保険料が免除され、満期金を受け取ることができます。
  • つみたてNISA:投資から得られる利益が非課税になり、長期的に資産を増やすのに適しています。リスクもありますが、リターンが期待できる点が魅力です。

どちらを選ぶかは、家庭の状況やリスク許容度に応じて判断すると良いでしょう。

Q5: 教育費を節約する方法はありますか?

A5: 教育費を節約する方法はいくつかあります。

  • 公立学校を選ぶ:学費が安く、家庭の負担が少ないです。
  • 中古教材や制服の利用:兄弟や友人からのおさがりやリサイクルショップを活用しましょう。
  • 交通費の見直し:定期券の利用や自転車通学を検討することで、交通費を抑えることができます。

まとめ

教育費に関する疑問を解消することで、より計画的に準備を進めることができます。

早めに情報を集め、自分に合った方法で教育費を貯めることが大切です。

将来の安心のために、しっかりとした計画を立てて行動しましょう。

お問い合わせフォーム

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
お名前
お住まい
ご希望の相談プランを選択してください。
ご相談方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次