【事例付き】30代必見!生命保険の見直し方法をFPが紹介!

  • URLをコピーしました!

30代に入ると、結婚や出産、住宅購入など、大きなライフイベントが続きます。

そんな中、今の保険が本当に自分や家族に合っているのか、不安に感じたことはありませんか?

実は、ライフステージの変化に合わせて保険を見直すことが、将来の安心を手に入れるための第一歩です。

本記事では、特に変化の多い30代に向けた生命保険の見直し方法を解説します。

保険料が家計を圧迫していると感じている方も、保障内容に不安を抱いている方も、ぜひ読み進めてみてください。

あなたの生活をしっかりと守るための最適な保険選びを、一緒に考えていきましょう。

この記事を書いた人

伊藤 貴徳
伊藤FPオフィス代表

経歴

業界14年目のファイナンシャルプランナー。
これまで証券・不動産・保険業界を経験。
【保有資格】
1級ファイナンシャル・プランニング技能士/CFP®️CERTIFIED FINANTIAL PLANNER
宅地建物取引士/証券外務員1種/生命保険・損害保険販売資格(TLC)

目次

なぜ見直しが必要なのか?

30代のみなさんは、いつ頃から保険に加入していますか?

生命保険の見直しが必要な理由は、生活環境やニーズが変わるからです。

特に30代は、結婚や出産、住宅購入など大きなライフイベントが多く、これに伴って保険の必要性も変わります。

以下では、具体的な理由について説明します。

  1. ライフステージの変化

住宅購入・教育費…
出費はつきません

私たちの生活は常に変化しています。

例えば、独身の時と結婚して家族ができた時では、必要な保障内容が異なります。

結婚したり、子供が生まれたりすると、家族の生活を守るためにより多くの保障が必要になることがあります。

逆に、子供が独立して家計の負担が減った場合には、保険の見直しをして保険料を節約することができます。

  • 経済状況の変化

転職や育児休業などで収支の変化も

状況の変化により、時には収入が増えたり減ったりすることもあります。
収入が増えた場合には、将来のためにもっと大きな保障を準備することができるかもしれません。

一方、収入が減った場合には、家計を圧迫しないように保険料を見直す必要があります。

特に、支払いが難しくなった場合には、保険を解約せずに保障を減らすなどの対策を考えることが重要です。

  • 保険商品の進化

保険は日々改良されています

保険商品も時代とともに進化しています。


新しい商品は、より充実した保障内容や、保険料が安くなる場合があります。
そのため、定期的に保険を見直して最新の情報を収集し、自分にとって最適な保険を選ぶことが大切です。

  • 保障内容のメンテナンス

古い保険、入ってませんか?

契約当初には必要だった特約(特定の状況で追加の保障が受けられるオプション)が、時間が経つと不要になることがあります。

例えば、子供が独立した後には大きな死亡保障が不要になることがあります。

また、医療技術の進歩・健康状態の変化に伴い、医療保険の見直しが必要になることもあります。

  • 保険料の節約

保険料が高くて払えない!

無駄な保障や特約を見直すことで、保険料を節約することができます。

保険料は長期にわたって支払うものなので、少しでも節約できれば、将来的には大きな節約につながります。

生命保険の見直しは、生活の変化や経済状況の変化に対応するために必要です。

定期的に見直すことで、無駄のない保障内容に調整し、家計を健全に保つことができます。

また、新しい保険商品をチェックすることで、より良い条件で保障を受けることができます。

見直しを通じて、自分や家族の生活をしっかりと守りましょう。

30代におけるライフステージの変化と保険の必要性

30代になると、結婚や出産、住宅購入といった大きなライフイベントが多くなります。

これらのイベントに伴って、生命保険の必要性も変わってきます。

それぞれのライフイベントがどのように保険の見直しに影響するのかを見ていきましょう。

結婚した

結婚は、大きなライフイベントの一つです。

結婚することで、自分だけでなく配偶者の生活も守る必要が出てきます。

そのため、結婚を機に生命保険の見直しを考えることが重要です。

  • 配偶者のための保障
    自分に万が一のことがあった場合、残された配偶者が経済的に困らないように、十分な保障を確保する必要があります。
  • 共働きか専業主婦(夫)か
    共働きの場合は、互いに相手の収入がなくなった時のリスクを考慮する必要があります。

    専業主婦(夫)の場合は、家庭の維持費や将来の生活費を考慮することが重要です。

結婚を機に保険を見直すメリット
お互いの保障内容を理解でき、いざという時に困らないようにすることができます。

必要と考えられる保険の種類
生命保険・医療保険・がん保険・就業不能保険

出産した

子供が生まれると、さらに生命保険の重要性が増します。

子供の将来を守るために、しっかりとした保障を準備することが必要です。

  • 教育費の準備
    子供が成長するにつれて、教育費がかかります。

    大学進学までの費用をカバーするための学資保険や、生命保険で保障を充実させることが考えられます。
  • 生活費の保障
    自分に何かあった場合でも、子供が安心して生活できるように、十分な生活費を保障する必要があります。

必要と考えられる保険
生命保険・教育費準備のための積立型保険・医療保険・がん保険・就業不能保険

住宅購入

住宅を購入することも、30代によくあるライフイベントです。

住宅ローンを組む際には、ローン返済に関するリスクも考える必要があります。

  • 住宅ローンの返済保障
    住宅ローンを組む場合、多くの人が団体信用生命保険(団信)に加入します。

    これは、ローンを組んだ本人が死亡または高度障害になった場合に、残りのローンが全額支払われる保険です。
  • 家族の住居保障
    自分に何かあった場合でも、家族が住み続けられるようにするために、適切な生命保険に加入することが重要です。

必要と考えられる保険
生命保険(保障額の調節)・医療保険・がん保険・就業不能保険

結婚や出産、住宅購入などのライフイベントは、生命保険の見直しを考える重要なタイミングです。

これらのイベントを機に、自分や家族の生活を守るために必要な保障をしっかりと確認し、必要に応じて保険の見直しを行いましょう。

30代ならではのリスクと保障の必要性

30代は、人生の中で多くの変化が訪れる時期です。

そのため、特有のリスクと、それに対する適切な保障が求められます。

ここでは、30代に特有のリスクとその対策について説明します。

健康リスク

30代になると、仕事や家庭のストレス、運動不足などから健康に不安を感じることが増えます。

定期的な健康診断で健康状態をチェックすることが大切ですが、それだけでなく万が一の時に備えることも重要です。

医療保険
病気やケガで入院や手術が必要になった場合の費用をカバーする医療保険に加入することをおすすめします。

特に、大病や長期入院に備えて、保障内容をしっかり確認しておきましょう。

経済的リスク

30代は、家族が増えたり住宅ローンを抱えたりするなど、経済的な負担が大きくなる時期です。

主な収入源である人が働けなくなった場合のリスクに備える必要があります。

生命保険
万が一のことがあった場合に、家族が経済的に困らないようにするための生命保険に加入しましょう。

保障額は、家族の生活費や教育費を考慮して決定することが重要です。

事故や災害のリスク

日常生活において、事故や自然災害に遭うリスクもあります。

特に、自動車を利用することが多い人や自然災害が頻発する地域に住んでいる人は注意が必要です。

損害保険
自動車保険や火災保険、地震保険など、日常生活におけるリスクに備える損害保険に加入することが大切です。

自分の生活環境に合わせた保険を選びましょう。

老後のリスク

30代のうちから老後のことを考えるのは早いと思うかもしれませんが、将来に備えるための準備は早いに越したことはありません。

長寿化が進む現代において、老後の生活資金をしっかりと準備することが必要です。

終身保険:老後の生活資金を準備するために、終身保険に加入することを検討しましょう。

定期的に積み立てることで、将来の安心を得ることができます。

後のリスクに備えるために、適切な保険に加入し、定期的に見直すことが大切です。

これにより、自分や家族の生活をしっかりと守ることができます。

保険見直しのポイント:保障額の見直し

保険を見直す際には、保障額が適正であるかどうかを確認することが大切です。

保障額が不足していると、万が一の時に家族が困ることがありますし、逆に過剰だと無駄な保険料を支払うことになります。

ここでは、保障額の適正化について詳しく説明します。

生活費の計算

保障額を適正化するためには、まず家族が生活していくために必要な費用を計算しましょう。

これには、食費や光熱費、住宅ローンの返済などが含まれます。

  • 毎月の生活費
    家族が現在どれくらいの生活費を必要としているのかを計算します。家計簿をつけている場合は、それを参考にすると良いでしょう。
  • 将来の生活費
    子供の教育費や将来の医療費など、将来的に必要となる費用も考慮します。

収入の補填

次に、万が一のことがあった場合に、どれだけの収入が必要かを考えます。これは、現在の収入を基に計算します。

  • 収入の確認
    主な収入源である人の年収を確認し、それが途絶えた場合にどれだけの収入補填が必要かを計算します。
  • 公的保障の確認
    社会保険や労災保険など、公的な保障でどれだけの補填が受けられるかも確認しましょう。

必要な保障額の計算

生活費と収入の補填額を基に、必要な保障額を計算します。これにより、現在の保険で保障額が適正であるかどうかを判断できます。

  • 計算方法
    毎月の生活費と将来の必要費用を合計し、これをカバーするために必要な保障額を計算します。

    例えば、生活費が月20万円で、10年間の保障が必要な場合、最低でも2400万円の保障が必要です。
  • 保険の見直し
    計算した保障額が現在の保険でカバーされているか確認し、必要であれば保険を見直して保障額を調整します。

保険料とのバランス

保障額が適正でも、保険料が高すぎると家計に負担がかかります。

適正な保障額を確保しつつ、無理のない範囲で保険料を支払えるようにすることが重要です。

  • 保険料の確認
    現在支払っている保険料を確認し、家計にどれだけの影響を与えているかを評価します。
  • 無理のない支払い計画
    保険料が高すぎる場合は、保障内容を見直すか、他の保険商品を検討することで、無理のない支払い計画を立てます。

保障額は保険料とのバランスも考慮し、無理のない範囲で保障を確保することが大切です。

定期的に見直しを行い、ライフステージの変化に対応した適切な保障額を維持しましょう。

保険の種類(定期保険・終身保険・医療保険など)の見直し

保険を見直す際には、現在加入している保険の種類を確認し、自分や家族の状況に合った保険に変えることが重要です。

ここでは、定期保険、終身保険、医療保険などの見直しについて詳しく説明します。

定期保険の見直し

定期保険は、一定期間だけ保障が続く保険です。この期間が過ぎると保障がなくなるため、必要に応じて更新する必要があります。

  • ライフステージの変化
    結婚や出産などのライフステージの変化に伴い、保障額や保障期間を見直すことが大切です。

    例えば、子供が生まれた場合には、保障額を増やすことを検討しましょう。
    逆に子供の独立、定年退職、住宅購入(団信に加入)などで保障を減らすことも検討しましょう。
  • 保険料の比較
    他の保険会社の定期保険と比較して、保険料が適正かどうかを確認します。

    同じ保障内容でも、保険料が安くなる場合があります。

「定期保険」か「収入保障保険」どちらにするかも検討しよう

定期保険は、満期まで同じ額の保障となる保険です。
収入保障保険は、万が一の際に年金タイプで受け取る保険で、保険期間が経つと保障額は減少していきます。

終身保険の見直し

終身保険は、一生涯にわたって保障が続く保険です。

貯蓄性もあるため、資産形成の一環として利用されることがあります。

  • 貯蓄目的の確認
    終身保険を貯蓄目的で利用している場合、その目的が変わったかどうかを確認します。

    例えば、老後の資金を他の方法で確保できるようになった場合、終身保険の見直しを検討することができます。
  • 保障内容の適正化
    保障額が過剰になっていないかを確認します。

    子供が独立した後など、必要な保障額が減少する場合には、保険を解約するか、他の保険に乗り換えることを考えましょう。

医療保険の見直し

医療保険は、病気やケガで入院や手術が必要になった場合の費用をカバーする保険です。

  • 医療費の確認
    医療費がどれくらいかかるのかを確認し、それに見合った保障内容にすることが大切です。

    特に、大病や長期入院に備えて、十分な保障があるかを確認しましょう。
  • 特約の見直し
    不要な特約が付いていないかを確認します。

    例えば、長期入院特約など、自分にとって必要ない特約がある場合、それらを外すことで保険料を節約することができます。

その他の保険の見直し

定期保険、終身保険、医療保険以外にも、がん保険や収入保障保険など、さまざまな保険があります。これらも含めて総合的に見直すことが重要です。

  • がん保険
    がんのリスクに備えるための保険です。家族歴や生活習慣を考慮し、必要かどうかを判断しましょう。
  • 介護保険
    介護状態となった場合に、保険金を受け取ることができる保険です。家計の状況に応じて、必要な保障額を設定しましょう。

保険の種類を見直すことで、自分や家族の状況に合った適切な保障を確保することができます。

不要な特約の見直し

保険に加入する際、多くの人が基本の保障に加えてさまざまな特約を付けています。

しかし、時間が経つにつれて必要のない特約が増えてしまうことがあります。

不要な特約を見直すことで、保険料を節約し、無駄のない保険契約を維持することができます。

ここでは、特約の見直し方について説明します。

特約とは?

特約とは、基本の保険契約に追加で付けることができる保障のことです。

特約を付けることで、特定のリスクに備えることができますが、その分保険料が高くなります。

特約には、例えば次のようなものがあります。

  • 入院特約:入院した場合の費用をカバーする特約。
  • 手術特約:手術を受けた場合の費用をカバーする特約。
  • 先進医療特約:先進医療を受けた場合の費用をカバーする特約。

特約の見直し方

特約を見直す際には、現在の生活状況やリスクに合わせて、必要かどうかを判断することが重要です。

特約の見直し方
STEP
現在の特約を確認する

まず、現在付いている特約をすべて確認しましょう。保険証券や保険会社の管理アプリを利用して、どのような特約が付いているのかをリストアップします。

STEP
特約が必要か検討

各特約が本当に必要かどうかを評価します。以下の質問を自問してみましょう。

  • この特約は自分や家族にとって必要か?
  • 他の手段でカバーできるリスクではないか?
  • 保険料に見合うだけの価値があるか?
STEP
ライフステージの変化を考える

結婚、出産、子供の独立など、ライフステージの変化に伴い、必要な特約も変わります。

例えば、子供が独立した後は定期保険の特約が不要になることがあります。

STEP
保険料のバランスを確認する

特約を付けることで保険料が高くなっている場合、その特約が家計に対してどのくらいの負担になっているかを確認します。

不要な特約を外すことで、保険料を節約することができます。

保険の見直し方法にはどんな方法がある?

保険を見直す際には、いくつかの方法があります。

自分で見直すこともできますが、専門家の助けを借りることも有効です。

  • 自己見直し:保険証券を確認し、家計とのバランスを考えて見直します。家計簿や保険の管理アプリを利用することで、簡単に確認できます。
  • 専門家への相談:ファイナンシャルプランナー(FP)や保険代理店に相談することで、プロの視点からアドバイスを受けることができます。特に、自分で判断が難しい場合には有効です。

この記事の作者へ相談

伊藤FPオフィス代表
伊藤 貴徳
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFP®︎ CERTIFIED FINANTIAL PLANNER

お問い合わせもお気軽にどうぞ

保険料が家計を圧迫していると感じた時

保険料が家計を圧迫していると感じた時は、保険を見直す絶好のタイミングです。

無理なく家計をやりくりするために、保険料の負担を軽減する方法を考えてみましょう。

以下では、具体的な見直し方法について説明します。

  • 家計はどんな状況?

まずは、家計の現状を把握することが大切です。

収入と支出をリストアップし、どれだけの金額が保険料に使われているのかを確認しましょう。

  • 収入の確認:給与やボーナス、副収入などの全ての収入源をリストにまとめます。
  • 支出の確認:家賃や住宅ローン、食費、光熱費、教育費など、毎月の支出を項目ごとに記録します。
  • 保険料の確認:毎月の保険料がどれくらいかかっているかを具体的に確認します。
  • 保険料の割合はどのくらい?

家計に占める保険料の割合を計算し、その負担が適正かどうかを判断します。

一般的には、収入の10~20%以内に収めることが推奨されています。

  • 負担の計算:保険料が収入の何パーセントを占めているのかを計算します。
  • 適正な割合:収入の10~20%以内に保険料を抑えることを目指します。

保険料が家計を圧迫していると感じた時は、保険を見直す良い機会です。

家計の現状を把握し、保険料の割合を評価し、不要な特約を外すなどの方法で保険料を軽減することができます。

必要に応じて専門家に相談することで、より効果的な見直しが可能になります。

定期的に保険を見直し、無理のない家計管理を目指しましょう。

30代の具体的な事例紹介(独身男性、既婚女性、子持ち家庭など)

保険を見直す際には、自分の状況に合った事例を参考にすることが大切です。

ここでは、30代の独身男性、既婚女性、子持ち家庭の3つの具体的な事例を紹介します。

それぞれの事例から、自分に合った保険の見直し方を見つけましょう。

事例その1

独身男性の場合

Aさん(30歳、独身、会社員)

Aさんは30歳の独身男性で、会社員として働いています。

毎月の収入は安定していますが、将来のために貯金も少しずつ始めています。

健康には自信がありますが、万が一のことを考えて保険を見直すことにしました。

  • 現在の保険内容
    • 定期保険:死亡保障1000万円
    • 医療保険:入院保障1日5000円、手術保障20万円
    • 毎月の保険料:1万5000円
  • 見直しのポイント
    • Aさんはまだ若く、家族もいないため、死亡保障は最低限で十分です。
      そのため、定期保険の保障額を500万円に減額し、保険料を節約することにしました。
    • 医療保険は、万が一の入院や手術に備えるために必要ですが、保険料が高いため、保険会社を変更し、同じ保障内容で保険料が安いプランに切り替えました。
  • 見直し後の保険内容
    • 定期保険:死亡保障500万円
    • 医療保険:入院保障1日5000円、手術保障20万円(保険会社変更)
    • 毎月の保険料:8000円

死亡保障額を減らすことで、毎月の保険料が7000円も削減されました。
これにより、家計の負担が軽減され、余裕資金を他の貯蓄や投資に回すことができるようになりました。

事例その2

既婚女性の場合

Bさん(32歳、既婚、専業主婦)

Bさんは32歳の既婚女性で、専業主婦です。

夫の収入で生活しており、家計の管理も任されています。

子供はいませんが、将来的には欲しいと考えています。

現在の保険が家計に与える影響を見直すことにしました。

  • 現在の保険内容
    • 終身保険:死亡保障500万円
    • 医療保険:入院保障1日5000円、がん特約
    • 毎月の保険料:2万5000円
  • 見直しのポイント
    • Bさんは専業主婦のため、死亡保障は最低限で良いと判断し、終身保険を解約し、定期保険に切り替えました。
      これにより、保険料を大幅に削減できました。
    • 医療保険は、がん特約が付いているため、必要な保障内容を維持しつつ、保険料が安くなるプランに変更しました。
  • 見直し後の保険内容
    • 定期保険:死亡保障300万円
    • 医療保険:入院保障1日5000円、がん特約(保険会社変更)
    • 毎月の保険料:1万2000円

終身保険を定期保険に切り替えることで、毎月の保険料が1万3000円も削減されました。これにより、家計に余裕が生まれ、将来の貯蓄や子供の教育費の準備に充てることができます。

事例その3

子持ち家庭の場合

Cさん(35歳、既婚、子供2人)

Cさんは35歳の既婚男性で、2人の子供がいます。

家計の収入は安定していますが、子供の教育費や将来の生活費を考えて、保険を見直すことにしました。

  • 現在の保険内容
    • 定期保険:死亡保障2000万円
    • 学資保険:子供2人分、満期時に各500万円
    • 医療保険:入院保障1日5000円、家族特約
    • 毎月の保険料:4万5000円
  • 見直しのポイント
    • Cさんは、子供がいるため、死亡保障を手厚くする必要があります。
      そのため、自分に万が一のことがあった時の必要額を計算し、定期保険の保障額を3000万円に増やしました。
    • 学資保険は、子供の教育費を確保するために必要なため、そのまま維持しました。
    • 医療保険は、家族全員が保障される家族特約を付けていますが、他の保険会社で同じ内容で保険料が安くなるプランに変更しました。
  • 見直し後の保険内容
    • 定期保険:死亡保障3000万円
    • 学資保険:子供2人分、満期時に各500万円
    • 医療保険:入院保障1日5000円、家族特約(保険会社変更)
    • 毎月の保険料:3万8000円

定期保険の保障額を増やしながらも、医療保険の保険会社を変更することで、保険料を7000円削減することができました。
これにより、保障内容を充実させつつ、家計の負担を軽減することができました。

保険の見直しは、自分のライフステージや家計の状況に合わせて行うことが重要です。

独身男性、既婚女性、子持ち家庭の具体的な事例を参考に、自分に合った保険の見直し方を見つけて、無駄のない保障内容を確保しましょう。

定期的に保険を見直すことで、家族の生活をしっかりと守ることができます。

現在の保険内容の確認方法

保険の見直しをするためには、まず現在加入している保険の内容を正確に把握することが大切です。

ここでは、保険内容を確認する方法について詳しく説明します。

保険証券を確認しよう

保険に加入すると、保険会社から「保険証券」という書類が送られてきます。

この保険証券には、契約内容や保障内容が詳しく記載されています。まずは、この保険証券を確認しましょう。

  • 保障内容:保険証券には、万が一の時にどのような保障が受けられるのかが書かれています。例えば、死亡保障、入院保障、手術保障などがあります。
  • 保険期間:保険がいつからいつまで有効なのかを確認します。定期保険の場合は、期間が決まっているので注意が必要です。
  • 保険料:毎月いくらの保険料を支払っているのかを確認します。また、年払いなど他の支払い方法も記載されている場合があります。

保険会社に問い合わせる

保険証券を見てもわからないことがあれば、直接保険会社に問い合わせることができます。

保険会社のカスタマーサービスに連絡し、具体的な質問をすることで、詳細な情報を得ることができます。

  • カスタマーサービス:保険会社には専用のカスタマーサービスがあり、契約内容の確認や疑問点の解消を手助けしてくれます。
  • 担当者に相談:保険の担当者がいる場合は、その担当者に直接相談することも有効です。契約内容について詳しく説明してもらえるでしょう。

まとめ

保険の見直しは、家計を健全に保ち、自分や家族の生活を守るために必要です。

ライフステージや経済状況の変化に合わせて定期的に保険を見直すことで、無駄な保険料を削減し、最適な保障を確保することができます。

保険見直しの重要性とメリットを理解し、自分に合った保険を選ぶことで、安心して生活を続けることができるでしょう。

お問い合わせフォーム

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
お名前
お住まい
ご希望の相談プランを選択してください。
ご相談方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次